WIN1@Codename

Codename

Exchange Server 2007 SP1 適用後のExchange ActiveSysncのご利用について

先日、Codenameで使用しているExchangeServer2007にSP1のインストールを実施しましたが、その影響を思われる現象が発生しております。
SP1適用後に、初めてWindowsMobile端末でExchangeに接続した際に"セキュリティーポリシーを更新する・・・"などのメッセージが表示されることがあります。

このメッセージは端末の種類によって異なるようですが、おおよそ同じような内容となっています。

特に支障があるわけではありませんので、そのまま続けてご利用ください。


Exchange Server 2007 SP1 での機能追加 「予定表月表示」

・予定表月表示

これは Exchange Server 2007 SP1 リリース ノート には記載されていないようですが、OWAの「予定表」でこれまでなかった「月」ごとの表示が追加されています。

 1.jpg

Outlookでは実現できていた機能でしたが、OWAでは実装されていませんでした。
ちょっとした機能なのですが、これで結構便利になりますね。


Exchange Server 2007 SP1 での機能追加 「ルール」

・ルール

OWAからユーザーがサーバー上にメール配信ルールを作成することができるようになりました。

ルールの設定方法はOWAにログオンし、「オプション」-「ルール」を選択します。

 11.jpg


ここでは"WIN1"からのメールを"MyFolder"に自動的に移動するルールを作成してみました。

 2.jpg


このルールを保存して、さっそくWIN1からメールを送信してみますと

 3.jpg


メールが自動的に仕分けされました。
このルールはサーバー側に保存されていますので、OWAにログオンすることで、いつでもどこでも同じ設定で利用することが可能です。


Exchange Server 2007 SP1 での機能追加 「個人配布リスト」

Exchange Server 2007 SP1 ではOutlook Web Access にいくつかの機能追加が行われています。

その中でいくつか紹介してみましょう。

・個人配布リスト

複数のアドレスをまとめて一つの配布リストにすることで、複数の宛先へのメール送信をサポートします。

配布リストの作成方法は
OWAより、「新規作成」メニュー右横の▼をクリックして「配布リスト」選択します。

 01.jpg


「リスト名」を入力し、配布リストに登録するアドレスを入力します。
この時、アドレスを一つづつ追加もできますが、";"セミコロンで区切ることで一度に複数のアドレスを追加することもできます。

02.jpg
 

03.jpg


ここで作成した配布リストはメールの新規作成時に「宛先」を選択した場合「アドレス帳」の中にある「配布リスト」から利用することが可能です。

 04.jpg


作成した配布リストは個人別に保存されていますので、OWAにログオンすることでいつでも利用することが可能です。


Exchange Server 2007 SP1 をインストール

Codenameで使用しているExchangeServer2007にサービスパック1(SP1)をインストールしました。

マイクロソフトのサイトよりダウンロードしましたが、1.2G近い大きなサイズのファイルです。

インストールを行うには事前にWindowsServer2003R2のSP2の適用が必要となるので、できればWindowsUpdateですべてのパッチを適用しておくとよいでしょう。

SP1のインストール中には各種サービスが停止してしまいますので、ユーザーへの影響を考慮し実施する必要があります。

Codenameの環境ではSP1のインストール完了までにおよそ30分かかりました。

今回のSP1適用で何が様々な機能が追加されました。

詳しくはSP1リリースノートに記載されています。
新機能一覧はこちら


FC2Ad