WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNS ServerのProvisioning

DNSへの働きかけはWMIにてインターフェースが公開されていますので、これを利用します。
今回はホスティング仕様のDNS登録をおこないますので、ユニークドメインを使用した場合のDNSゾーンの作成および、CNAMEレコードの作成を行います。
 

'ゾーンの作成
Dim objManagementScope As New ManagementScope("\\localhost\root\MicrosoftDNS", Nothing)
Dim objDNSZone As New ManagementClass(objManagementScope, New ManagementPath("MicrosoftDNS_Zone"), Nothing)
Dim objDNSParameters As ManagementBaseObject = objDNSZone.GetMethodParameters("CreateZone")
objDNSParameters("ZoneName") = "win1.jp"
objDNSParameters("ZoneType") = 0
objDNSZone.InvokeMethod("CreateZone", objDNSParameters, Nothing

'CNAMEレコードの作成
Dim objDNSResourceRecord As New ManagementClass(objManagementScope, New ManagementPath("MicrosoftDNS_ResourceRecord"), Nothing)
Dim objDNSParameters As ManagementBaseObject = objDNSResourceRecord.GetMethodParameters("CreateInstanceFromTextRepresentation")
objDNSParameters("TextRepresentation") = "www IN CNAME web.hosting.jp" '[1] 
objDNSParameters("ContainerName") = "win1.jp"
objDNSParameters("DnsServerName") = "localhost"
Try
    objDNSResourceRecord.InvokeMethod("CreateInstanceFromTextRepresentation", objDNSParameters, Nothing) '[2] 
Catch ex As Exception
End Try 
 

[1] www.win1.jp が web.hosting.jp を参照するようにレコードを登録します。
[2] CNAMEの登録に関してはエラーは無視して問題ありません。

 

以上で、IISおよびWSSまで一通りのProvisioningが完了したことになります。
参考にコードを記載しましたが、現在はPowerShellで同様の設定か可能と考えられます。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。