WIN1@Codename

Codename

Hyper-V上で稼働中の仮想マシンのVHDを使って、物理マシンでVHDブートする方法メモ (これも「V to P」?) 追記

Hyper-V上の第1世代仮想マシンは、最近のPCではやりのUEFIブートを利用できません。なので2.2TB以上のブートパーティションを作成するための、GPTパーティションを作成してインストールしようとしてもエラーとなってしまいます。

なので、前回のvhdブートでインストール済みのvhdイメージを使ってvhdブートする場合、最近のノートPCなどでUEFEブートのみサポートしている最新機種などでは、ブートできない場合があります。

Surface Pro 2 でこれでハマりました。

Surface Pro 2 の場合、UEFEブートのみサポートなのですが、ハードディスクがIDEとなっています。

Hyper-Vの仮想マシンの場合UEFEブートをサポートするのは第2世代の仮想マシンとなりますが、ハードディスクがSCSIのみ対応となってしまいます。

Surface Pro 場合は、すなおにDVDドライブからブートして、vhdブート用にインストールをする必要があります。

vhdブート用にインストールをする時には、事前にvhdファイルを作成しておき、内のパーティションをGPT形式に変換したうえで、セットアップウィザードを起動する必要があります。

セットアップウィザード内でGPT形式に変換する機能自体が無いようです。

20141422110347

Hyper-V上で稼働中の仮想マシンのVHDを使って、物理マシンでVHDブートする方法メモ (これも「V to P」?)

Hyper-Vで稼働中の仮想マシンのvhdファイルを使って、ノートPCやデスクトップPCでVHDブートをしてしまおうというメモです。
こちらは第一世代として作成した仮想マシンのみ可能です。


手順
VHDブートをしたい物理マシンに、該当VHDファイルをコピーします。
(仮)コピーしたvhdxのパスを C:\VM\VM.vhdx とします。


ログインして管理者権限でコマンドプロンプトを開く。


以下のコマンドを順番に実行。


・takeown /F C:\VM\VM.vhdx


・bcdedit /copy {current} /d "Windows8.1" 
(注)"Windows8.1"は起動時に表示される名前なので任意で指定可能


実行後、「エントリは{*****-*****-*****}に正しくコピーされました。」と実行結果が表示されるので、カッコも含めて {*****-*****-*****} をコピーする。


・bcdedit /set {*****-*****-*****} device vhd=[C:]\VM\VM.vhdx


(注)C:\VM\VM.vhdx のパス指定が [C:]\VM\VM.vhdx となる。


・bcdedit /set {*****-*****-*****} osdevice vhd=[C:]\VM\VM.vhdx
コマンド実行後再起動すると、ブートOSの選択画面となるので、vhdブートしたいOSを選択すればOK。

 

起動後にドライバの再設定などが自動で走りますが、不足してるディスプレイドライバやネットワークドライバをダウンロードしてインストールする必要がある場合もあります。

(容量可変のVHDファイルでも可:ネイティブ ブートに VHD を使用する場合の推奨事項

Visual Studio 2013 でAzureのWebサイトをリモートでバッグする方法 メモ

Web Platform Installer で Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 をインストールすると、VisualStudioからAzureのリソース管理ができてしまいます。

00

Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 はこの他にも重要な機能を提供してくれます。
AzureのWebサイトをVisual Studio でリモートデバッグできるようになります。
そのメモ書きです。

まずは、Visual Studio で新規にWebプロジェクトをローカルに作成します。
01

今回は空のプロジェクトです。
02

簡単なコードを書いてみます。
03

04

このプロジェクトをAzureに発行します。
05

06

07

08

無事発行されて、コンテンツも表示されました。
09

ここまではよくある操作です。
では、コードにブレークポイントを指定して、リモートでデバッグしてましょう。
VisualStudio のサーバーエクスプローラーからAzureのWebサイトを右クリックして、「デバッガーをアタッチする」を選択します。
10

これでリモートデバッグで開始され、ブレークポイントできちんと止まっています。
11

12

デバッグをそのまま続行すれば
13

Webもきちんと表示まで完了します。

Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 のおかげでかなり簡単にリモートデバッグできるようになりました!

FC2Ad