WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerShell をプログラムで実行

便利なPowerShellですが、VB.net や C# から利用したい場合もありますね。
そんなときのためのサンプルです。

今回はドメインの既存ユーザーにExchangeのメールボックスを割り当てるコマンドをVB.netで呼び出してみました。


Imports System.Management.Automation
Imports System.Management.Automation.Runspaces

Dim strAccount As String = "TestUser"
Dim objRunspaceConfiguration As RunspaceConfiguration = RunspaceConfiguration.Create
Dim objPSSnapInException As PSSnapInException = Nothing
Dim objPSSnapInInfo As PSSnapInInfo = objRunspaceConfiguration.AddPSSnapIn("Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.Admin"Nothing)
Dim objRunspace As Runspace = RunspaceFactory.CreateRunspace(objRunspaceConfiguration)
objRunspace.Open()
Dim objRunspaceInvoke As RunspaceInvoke = New RunspaceInvoke(objRunspace)
Dim strCmdlet As String = "Enable-Mailbox -Identity:'testdomain.local/TestUsers/" & strAccount & "' -Alias:'" & strAccount & "' -Database:'TestExSvr\First Storage Group\Mailbox Database'"
Dim objICollection As System.Collections.ObjectModel.Collection(Of PSObject) = objRunspaceInvoke.Invoke(strCmdlet)
objRunspaceInvoke.Dispose()
objRunspace.Close() 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/112-8ff68451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。