WIN1@Codename

Codename

Hyper-V をプログラムでどうにかしてみる その6 (差分ディスクの作成)

ちょっと間があきました。
引き続きHyper-Vのプログラム制御を少々。

今回は差分仮想ディスクを作成してみます。

Dim objConnectionOptions As New ConnectionOptions()
        objConnectionOptions.Impersonation = ImpersonationLevel.Impersonate
        objConnectionOptions.EnablePrivileges = True
        objConnectionOptions.Username = strAccount
        objConnectionOptions.Password = strPassword
Dim objManagementScope As New ManagementScope("\\" + strServer + "\root\virtualization", objConnectionOptions)
        objManagementScope.Connect()

For Each objImageManagementService As ManagementObject In New ManagementObjectSearcher(objManagementScope, New ObjectQuery("SELECT * FROM Msvm_ImageManagementService")).Get
Dim objParams As ManagementBaseObject = objImageManagementService.GetMethodParameters("CreateDifferencingVirtualHardDisk")
objParams("ParentPath") = "C:\Hyper-V\Win2008R2Parent.vhd"
objParams("Path") = "C:\Hyper-V\Win2008R2Diff.vhd"
Dim objManagementBaseObject As ManagementBaseObject = objImageManagementService.InvokeMethod("CreateDifferencingVirtualHardDisk", objParams, Nothing)
Next

こんな感じです。

ParentPath で指定するのが差分仮想ディスクの元となるvhdのパスです。
Path で指定するのが、実際に作成される差分仮想ハードディスクのパスです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/126-046f98d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad