WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsServer2008R2 のリモートデスクトップでAeroグラスを使う方法(追記3)

Windows7 から WindowsServer2008R2 にリモートデスクトップで接続した場合、あらかじめローカルログオンをしてAeroGlassを有効にしておく必要がありましたが、以下の設定でリモートデスクトップの接続先からでも自由にAeroGlassのON,OFFを設定できるようになります。

レジストリエディタにて、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ThemeManager
を開きます。
もしこのとき、ThemeManagerキーの下に何かサブキーがある場合は削除します。
ThemeManagerキーを右クリックして、「アクセス許可」を選択します。
20104105020623

リモートデスクトップで接続するユーザーを選択し、「詳細設定」を選択します。
20104305020618

該当するユーザーを選択し、「編集」を選択します。
アクセス許可一覧から、「サブキーの作成」の「拒否」のチェックボックスを選択します。
20104405020604

これで設定完了です。

この状態でリモートデスクトップに接続してみると、
20104705020653

これまでグレーアウトしていたAeroテーマが選択できるようになりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/146-6e90720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。