WIN1@Codename

Codename

共有フォルダ上のvhdを使用して仮想マシンを作成する

Hyper-Vマネージャにて、いわゆるUNCパスを使用して仮想マシンを作成しようとすると、「アクセス権がない」とのエラーにて仮想マシンを作成することができません。
20104514090615

この場合以下の設定で仮想マシンを作成することが可能となります。
ドメイン環境下限定となります。

vhdファイルがある共有フォルダに対し、Hyper-Vを実行しているサーバーのコンピューターアカウントをフルコントロールにて追加します。

仮想マシン作成時にvhdのパスとして、「\\ファイルサーバー名\フォルダ名\○○.vhd」という形式で指定します。

これで作成可能となります。

ただし注意しなければならないのは、Hyper-Vマネージャのリモート管理ツールが使用できなくなるので、リモートデスクトップで接続管理をしなければなりません。

参考元:
http://www.gilham.org/Blog/Lists/Posts/Post.aspx?List=aab85845%2D88d2%2D4091%2D8088%2Da6bbce0a4304&ID=283

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/149-c774d834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad