WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMMエージェントのバージョンアップ方法

SystemCenter Virtual machine Manager からHyper-Vのホストを管理するためには、VMMエージェントなるアプリケーションをHyper-Vのホストにインストールする必要があります。

前回少々苦労しましたが、
こちらを参考に
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc764218.aspx
ドメインに属していないHyper-Vホストを追加することができました。

ですが、無事インストールできてほっとしたのもつかの間、登録したホスト情報をみてみると
20104722101211

なんと「全体の状態」が「要注意」になっています!?
なにかエラー??かと思ったのですがよくみると、ホストにインストールしたエージェントのバージョンが古いらしぃ・・・。

なら、バージョンアップすればよいではないですかと簡単に考えていたのですが、この情報がまったくない。。。
ドメインに属しているホストであれば、VMMからプッシュでバージョンアップ可能なのですが、境界ネットワーク上のホスト、いわゆるドメインに属していない場合、WindowsUpdateでも更新できず、マイクロソフトのダウンロードサイトを探してみましたがそれらしきものが見当たらずでした。

またもや壁にぶち当たりかと、今日はここまでとあきらめかけたときにVMM自身にエージェントファイルはないのかとエクスプローラで探してみたところ、ありました!ビンゴ!
C:\Program Files\Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2\agents\amd64
の中に最新バージョンの2.0.4275.0がありました。
これを対象のHyper-Vホストにコピーして早速ローカルでインストールを実行してみたところ、表記は英語ですが手順は古いバージョンと同じでした。
作成したセキュリティーファイルを使って無事ホストの追加完了。 今度は問題なしです!
20104022111231

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/172-bcbb19c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。