WIN1@Codename

Codename

リモートデスクトップ越しに大きいファイルのやりとりを行うための設定

注)あまりにも大きいファイルのやり取りはネットワークに負荷をかけることになりますのでご注意を。

大きいファイルをリモートデスクトップ越しにコピー&ペーストする場合、時間がかかってしまい、ファイル転送中に他のコピー&ペーストができなくなってしまいます。
そんなときは、リモートデスクトップでドライブのマウントを使ってみましょう。
コピー&ペーストとはちがって、リモートデスクトップで接続している間は普通のネットワークドライブのように使用できます。

まずは、リモートデスクトップの設定で、「ローカルリソース」タブから「ローカルデバイスとリソース」項目の「詳細」ボタンをクリックします。
「ローカルデバイスとリソース」の「ドライブ」のチェックを入れます。
20113318120353

この状態でリモートデスクトップ接続をします。

20114118120323

このように自宅PCのドライブがネットワークドライブのように追加されています。
普通のドライブのようにファイルのやりとりが可能となります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/182-da2d1e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad