WIN1@Codename

Codename

Visual Studio 2013 でAzureのWebサイトをリモートでバッグする方法 メモ

Web Platform Installer で Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 をインストールすると、VisualStudioからAzureのリソース管理ができてしまいます。

00

Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 はこの他にも重要な機能を提供してくれます。
AzureのWebサイトをVisual Studio でリモートデバッグできるようになります。
そのメモ書きです。

まずは、Visual Studio で新規にWebプロジェクトをローカルに作成します。
01

今回は空のプロジェクトです。
02

簡単なコードを書いてみます。
03

04

このプロジェクトをAzureに発行します。
05

06

07

08

無事発行されて、コンテンツも表示されました。
09

ここまではよくある操作です。
では、コードにブレークポイントを指定して、リモートでデバッグしてましょう。
VisualStudio のサーバーエクスプローラーからAzureのWebサイトを右クリックして、「デバッガーをアタッチする」を選択します。
10

これでリモートデバッグで開始され、ブレークポイントできちんと止まっています。
11

12

デバッグをそのまま続行すれば
13

Webもきちんと表示まで完了します。

Windows Azure SDK Tools 2.2 for Visual Studio 2013 のおかげでかなり簡単にリモートデバッグできるようになりました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/241-2076ebe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad