WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ReFS上のNTFSフォーマットのvhdxファイルは、ReFSの速さとNTFSの使い勝手を実装する

新しいファイルフォーマットのReFSは、Hyper-Vで利用する場合NTFSと比べて利点もありますが、NTFSでできたことが一部できないなど、使い勝手で用途を選ぶ必要があります。

ReFSの利点
・ファイルデーターの破損を確実に検出
・オンラインで破損ファイルの修復が可能
・ファイルが使用する物理ディスク内の領域(論理セクター)をメタデータで管理
・ファイルをコピーする場合、メタデータの操作(論理クラスターの割当と変更)で完結し、物理データの操作は不要
・容量固定のvhdxファイルの作成が速い
・チェックポイントの削除(ファイルの結合)が速い

ReFSとNTFSの比較
20175625110602.jpg


ですが、vhdxファイルをうまく使うことで、ReFSの利点とこれまでのNTFSの使い勝手を同時に利用することができるようになります。

サーバー上の物理ドライブとしてEドライブがReFSでフォーマットされています。
20175225110612.jpg

Eドライブ内にNTFSフォーマットの容量固定10GBの仮想ハードディスクを作成します。
かかった時間はわずか2秒ちょっと。ReFSなので速いです。
20170625120603.jpg


作成したvhdxファイルをサーバーにマウントして、Fドライブとします。
20170925120617.jpg

通常であればNTFSフォーマット上で、vhdxディスクファイルを容量固定で作成するとそれなりの時間が必要となりますが、ReFS上のvhdxファイルをNTFSでフォーマットすることで、ReFSのパフォーマンを持ったNTFSフォーマットのドライブとして利用することができます。

Fドライブ上に容量固定で5GBのvhdxファイルを作成してみましょう。
201714251206070.jpg
2.4秒ほどで作成されました。

通常のNTFSドライブでは
20173025120628.png
3分以上かかりますね。

以上、ということで、ReFSとNTFSは使い方次第で利用価値が大きく広がります。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/290-1f150f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。