WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualServer Hyper-V (完全解決編)

以前紹介した、VirtualServer から Hyper-V への仮想マシンの移行方法でしたが、この場合一方通行で、Hyper-V から VirtualServer への移行方法が不明としておりましたが、
http://codename2010.spaces.live.com/blog/cns!EB9B628134936C1B!345.entry?&_c02_vws=1&fl=cat
ついに、移行方法を見つけることができましたので報告がてら。

通常、Hyper-V で稼動してる仮想マシンを VirtualServer 上で稼動させようとvhdファイルをコピーして仮想マシンを作成し、いざ起動してみると起動画面でカーソルが点滅したまま、フリーズ状態になってしまいました。
20094428080939[2]

この原因としては、Hyper-V上の仮想マシンとして作成したときにインストールされる「統合サービス」によりHALが書き換えられてしまうことが原因と考えられました。
そこで、統合サービスをアンインストールして、再度VirtualServer上で仮想マシンを作成したのですが、一度書き換えられてしまったHALは戻すことができませんでした。
と、ここまでが、前回までのお話でした。

今回は、ピーンときたひらめき、HALをなんとか元にもどすには・・・
そもそもVirtualServer上で稼動している仮想マシンからHALをコピーしてもってきてしまおう!ということで調べてみるとなにやら C:\Windows\System32\hal.dll があやしぃ。
そこで、VirtualServer上で稼動している仮想マシンのhal.dll をコピーして、Hyper-Vの仮想マシンにコピーした後 VirtualServer のホストにコピーしてVirtualServer の仮想マシンを作成してみることに。
 20093228080913[2]
20093628080907[2]

結果は・・・、見事起動に成功!
20094128080926[2]

ふぅーようやくケリをつけることができました。
これはある意味使えますね!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/44-428206af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。