WIN1@Codename

Codename

Hyper-V をプログラムでどうにかしてみる その5 (リモートからのアクセス権)

これまでのコードはリモートからHyper-Vを制御するサンプルを記載していました。
その場合、認証情報としてHyper-VのホストOSの管理者権限を指定する必要がありましたが、これまでなぜか同じAdmoinistrator権限を持っているにもかかわらず、仮想マシンを作成したりすることができないアカウントがありました。

と、いうよりもはじめに使用したAdministratorのアカウント以外では実行時にエラーとなってしまていました。
20090013081051[2]

今のところ原因不明です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/51-6e837431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad