WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualServer2005R2 SP1 インストール時の注意

VirtualServer2005R2 SP1 から様々な追加機能が提供され、これまで VirtualServer2005R2 を使用していたユーザーには是非ともお勧めしたいものとなっています。

VirtualServer2005R2 にSP1を適用する場合はマイクロソフトのサイトからダウンロードします。
このとき、.NetPassportが必要になりますので予め取得しておいてください。

インストール時に注意しておきたのが、稼働中のVirtualServerのゲストOSの取扱です。
インストール時にはVirtualServerのサービス停止を要求されます。
このとき、稼働中のゲストOSに対して「状態の保存」を行い、SP1インストール後に「保存された状態から復元」しようとすると、以下のエラーで復元ができません。

05.jpg
 

VirtualServer2005R2 SP1 というものの、実際のインストールを見た感じではサービスパックを適用しているというよりは、新しいサーバアプリケーションをインストールしているように見受けられますので、これはおそらく状態保存ファイルの*.vsvファイルの互換性の問題ではないかと思われます。

従って、SP1インストール時には、稼働中のゲストOSはすべてシャットダウンし、SP1インストール後起動しなおす必要があります。

また、SP1との互換性という点で、「バーチャルマシンの追加機能」もバージョンアップしているようで、SP1インストール後に

06.jpg
 

このようなイベントログが表示されます。
再度、「バーチャルマシンの追加機能」をインストールする必要があります。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/77-c2fc7e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。