WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールボックスの削除 コマンドレッドバージョン

メールボックスの削除をコマンドレッドで一気に行いたい場合、以下のサンプルが使えます。

$DelList = get-content c:\DelList.txt

foreach($Account in $DelList) {Remove-Mailbox -Identity "$Account" -Permanent $true -Confirm:$false}

一行目は、$DelListに削除するアカウントを記載したテキストファイルを読み込みます。 テキストファイルには、アカウント名が一行ごとに記載されています。

例:

deltest01

deltest02

二行目では$DelListに読み込んだリストに対して、一行づつ Remove-Mailbox コマンドを実行します。

$Account に削除されるアカウントが毎回格納されることになります。

-Permanent $true スイッチで、ActiveDirectory内のアカウントとメールボックスの両方が削除されます。

-Confirm:$false このスイッチで削除時に出る確認メッセージをスキップします。

このコマンドの結果、ActiveDirectory内のアカウントは削除され、メールボックスには削除済みのマークが付けられ、一定期間の後に削除されます。

すぐにメールボックスも削除したい場合は、

$DelList = get-content c:\DelList.txt

foreach($Account in $DelList)
>>{
>>$Temp = Get-MailboxStatistics | Where {$_.DisplayName -eq "$Account"}
>>Remove-Mailbox -Database "<サーバー名>\First Storage Group\Mailbox Database" -StoreMailboxIdentity $Temp.MailboxGuid -Confirm:$false
>>}

このコマンドで削除が完了します。

ディスク容量の減少を確認するためには、一度再起動が必要です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://codename2010.blog11.fc2.com/tb.php/92-617fb5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。