WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓使いのためのInfrastructure as Code

クラウドサービスに代表される仮想化が主流となった現在では、サーバー自体も仮想化基盤上でソフトウェア的に組み立てて利用する必要があるため、インフラエンジニアといえどもコードを書いてソフトウェア開発者として作業を行うということが必須になってきています。
今回は、WindowsサーバーやAzure上で利用できるInfrastructure as Codeの様々な手法をWindowsサーバーエンジニアのために、まとめて紹介します。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=211

PowerShellを使ってサイズの大きいフォルダを検出する

普段使用しているコンピューターには様々なアプリケーションがインストールされ、アップデートなどによって大量の一時ファイルなどが残ってしまう場合があります。いつの間にかハードディスクの空き容量がなくなってしまい、不要なファイルやフォルダを削除する必要が出てきます。
コンピューターの中でどのフォルダが容量を多く占有しているのかを探索するのに便利なスクリプトを紹介します。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=210

de:code 2016 イベントレポート

2016年5月24日~25日、「de:code 2016」がザ・プリンス・パークタワー東京にて2日間にわたり開催されました。キーノートセッションは10時より開始予定。30分前に到着するも、すでにメイン会場は満席。生ナデラが登場するとのことでその効果は絶大のようです。
今回は、このde:code 2016のイベントレポートをお届けします。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=209

Hyper-Vコンテナの考察

「Windows Server コンテナ」と「Hyper-Vコンテナ」の違い

Hyper-VコンテナはWindows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では実際に動かせるものまで提供されていますが、まだ開発段階ということもあり、「Windows Server コンテナ」と「Hyper-Vコンテナ」の違いが明確にわかるようなサンプルやドキュメントが提供されているわけではないようです。

「Windows Server コンテナ」はLinuxの世界で先行されて使われてきたいわゆるコンテナ技術の仕様とほぼ同じものと考えられます。「Hyper-Vコンテナ」については、何がどのように違うのかといった情報が少ないのが現状です。そこで、TP4までの段階で、Hyper-Vコンテナについて現時点までに分かっていることをまとめてみようと思います。

 

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=208

Hyper-VコンテナとしてIISコンテナを作ってみる

新しい仮想化技術の選択肢「Windowsコンテナ」

Windows Server 2016で実装される予定の「Windowsコンテナ」はこれまでHyper-V上の仮想マシンを利用してきたユーザーにとって、新しい仮想化技術の選択肢を提供するものとなっています。

今回は、「Hyper-Vコンテナ」を利用することでコンテナのメリットを生かしつつ、より安定した、より安全なアプリケーションの実行に特化した隔離環境を作成する方法をご紹介します。

※今回の内容はWindows Server 2016 Technical Preview 4の英語版を元に操作を行っています。

 

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=207

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。