WIN1@Codename

Codename

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hyper-Vで作るコンテナ 新しい仮想マシンの使い方-Vol.5

前回に引き続きオリジナルモジュールを作成していきます。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=223

Hyper-Vで作るコンテナ 新しい仮想マシンの使い方-Vol.4

いよいよ、実際にHyper-Vを利用してコンテナ技術を実現するために、オリジナルのモジュールを定義してPowerShellのコマンドを作成していきましょう。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=222

Hyper-Vで作るコンテナ 新しい仮想マシンの使い方-Vol.3

今回からは、具体的にHyper-Vを利用してコンテナ技術を実現するための構成や、設定を整えていきます。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=221

Hyper-Vで作るコンテナ 新しい仮想マシンの使い方-Vol.2

前回、コンテナ技術によってもたらされるメリットをお伝えしました。
今回は、使い慣れたHyper-Vを利用してコンテナ技術を実現するために何が必要なのかを考えてみたいと思います。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=220

Hyper-Vで作るコンテナ 新しい仮想マシンの使い方-Vol.1

Windows Server 2016より、マイクロソフトはDocker社との協業を発表して、Windows上でDocker仕様のコンテナを利用することができるようになりました。コンテナ技術は、次の世代の仮想化の進化形とも言われているほど注目されています。
Windows Server 2016 Technical Preview 3から実際にWindowsコンテナは評価できるようになっており、以前の記事でコンテナ技術について紹介(*)しました。まずは正式にリリースされたWindows Server 2016に基づき、改めてこれまで使ってきたHyper-V上の仮想マシンと、Windowsコンテナは何が違うのかおさらいをしてみましょう。

GMO TechReport
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=219

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。